投資notice【2024年】

この記事は約1分で読めます。

(7月22日)バイデン米大統領が大統領選からの撤退を表明

後継はカマラ・ハリス副大統領を氏名。トランプトレードからの

(7月13日)トランプ前米大統領が銃撃された。

トランプ氏の政策に沿った値動きが発生。

(7月11日)米国CPIが予想を下回る

9月利下げの可能性が濃厚に。結果、ハイテク株が売られて他セクター、中小銘柄が買われた。

(6月14日)日銀の植田総裁が7月の会合で利上げもあり得る、と発言。

当然だがそれまでは金利は維持で、米国も次回のFOMC(7月30日)まで金利維持。円安は継続か進行。

(6月10日)エヌビディアが株式分割

分割により株価は10分の1に。買いやすくなって買いが殺到して値上がりするかと思ったら、そうでもなかった。

(5月14日)スクウェア・エニックスがストップ安

特別損失の計上が公表されたのは4月30日で、Yahoo!ニュースでも取り上げられていた。約2週間の謎のタイムラグ。

(3月19日)日銀がマイナス金利とイールドカーブコントロールの終了を決定

これで円安がマシになるかと思ったらそうでもなかった(むしろ円安が進んだ)。わからん…

タイトルとURLをコピーしました